大雨が降ったあとは釣れる?

釣り疑問

夏になると、短時間に雨が一気に降る【ゲリラ豪雨】が増えてきます。また、最近では線状降水帯もたびたび発生しており、土砂降りのような雨が続けて降るようになりました!

太陽が降り注ぐ、真夏の晴れの日は魚釣りに出掛けたくなりますが…連日雨が続いたり、大雨の後すぐに釣れるのか?と気になったことはありませんか?

夏は天気も変わりやすく、釣りに行こうと思っていた矢先に大雨が降ることもしばしば。そんな時に海の中はどのようになっているか解説します。

それでは、早速行ってみましょう!

大雨が降ったあとは釣れる?

大雨の海

夏は、どちらかというと弱い雨が長く続くような降雨ではなく、一気に雨量の多い降雨が発生しやすい時期です。

釣りをする際に、弱い雨が降った後は釣れやすくなった!という情報を見かけますが、大雨の際は一体どうなるのでしょうか…。

水深が深い場所はあまり変わりませんが、河口付近では茶色系の水が流れます。

(小雨であれば、雨が降った直後は水の濁りが少しずつ変化していく為、それほど釣果に影響はないと思います)

大雨が降ると、様々な物が流されてきます。

海の水が濁ると魚たちは警戒心が弱くなります。漂流物も多い為、障害物に強い・濁りに強い魚が釣れやすくなります。

雨が降ると水中の酸素量が増えますが、大雨の際は有機物も多く含むため、分解するのに酸素量を多く消費します。

大雨の後に水が緑や赤色に変化し、魚が浮いている時は酸素が減ったためと考えます。

うなぎのように淡水に強く濁りがある水を好む魚もいます。雨で山から流れてくるミミズが最高の捕食のチャンスとなり、雨の後が釣り日和となります。

それでは、他の魚はどうでしょうか。

雨降った後、釣れやすい・釣れにくい魚

釣れやすい魚

シーバスやクロダイ

濁りや淡水に強い魚です。

普段警戒心が強いですが、濁りがあると弱まり、捕食の活性が上がります。

ルアーで釣る場合は、いつもより派手な色を選択してアピール力を上げると良いです。

濁りすぎはNG魚

多少の雨なら、アジなどの青物は晴天に比べ、釣りやすくなります。大雨の後は濁りが強いため、エサが良く見えず釣果が低いです。

ヒラメやマゴチなどの底物

海底にいるため、水深が深い場所はあまり影響を受けません。

陸地に近い場所で釣る場合は、多少の雨ならOKですが、大雨の後は酸素量が一旦増えますがその後減少するため底物の魚にも影響を及ぼします。

視力もそこまで良い魚ではないため、大雨の後は釣れにくくなります。

釣れにくい魚

キスは澄んだ水を好む魚です。濁りがある水では釣果は低いです。

タコは真水を嫌う代表的な魚です。雨のあとは、釣れにくくなります。

大雨の後の釣りは…

多少の雨なら、魚達にとっても嬉しい雨になり得ますが、土砂降りの大雨は濁りが強くなるため、苦手な魚も多くいます。

釣りの際は障害物が多いため、仕掛けに引っ掛かりやすくなります。

また、大雨の際の釣りは流れが速いこともあり、危険なので、数日経ってから行くことをおすすめします。

数日経過しても濁りが残っている場合は、濁りに強い魚を対象として狙ってみるのはいかがでしょうか♪


以上、「大雨が降ったあと釣れる?」でした♪

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました