釣り講座 注意しよう!これをすると釣れなくなっちゃう!

釣り講座

初心者の方・ファミリーフィッシング、これから釣りを始めてみたい方に必見な釣り講座です!

今回は・・・

【注意しよう!これをすると釣れなくなっちゃう!】

をお送りします。

魚を釣る前に、○○をすると魚が嫌がってしまう・・・!!などなど。

うっかりやってしまうことや注意するポイントを紹介します♪


1.釣り場でうっかりやってしまった!!

魚がいるかな?と思って海を覗いたり、夜に懐中電灯などで照らす、大きな音を鳴らす(足音や車のエンジン音など)と警戒心の強い魚は人間がいることを察知して釣れなくなってしまいます。

2.手の臭いにはご注意を!

匂いが付いた手でエサを触ると、魚が全く釣れなくなったという話を聞きます。
タバコやハンドクリーム、香水、釣り行く前に家でみかんを食べてしまった!など(柑橘系もOKな雑食性の魚もいます)
匂いが強いものには注意が必要です。

3.釣れた!でもその後釣れなくなった・・・なんで!?

魚が釣れた時に、魚が出血していた場合やイカが墨を海の中で吐いた場合、魚たちは同じ種類の仲間の血の匂いがすると逃げてしまう場合があります。
堤防の上で吐かせたりすることがおすすめです。

4.大きすぎに注意!

エサや針が大きすぎると、エサを丸呑みできない・魚の口に針が掛からない事があり、釣れなくなってしまいます。
釣るエリアにどんな魚がいるか、季節によって魚の大きさも変化するのでリサーチしてから釣りにいきましょう♪

5.タナはあってる?

魚のいる層に仕掛けを落としていない場合は中々釣れません。
魚の活性が高く泳ぎ回っていたら良いですが、そんな旨いことはなく、ただ待ちくたびれてしまうことも・・・。
また海の底でじっとしていて海の表層まで泳がない魚もいます。

6.シーズン違いの魚を狙っている

狙っている魚がいたら釣れる季節を確認しましょう♪
季節性の移動をしていて冬は岸から釣れない魚も多くいます。

人間も大きな音を出されたり、香水の匂いが強すぎるとムっとしますね。魚達も嫌がる行為が同じでその場所から遠ざかってしまいます。

狙う魚がいるときは、しっかりリサーチしてから出掛けると楽しい釣り時間を過ごすことができそうです♪

以上、【注意しよう!これをすると釣れなくなっちゃう!】でした!

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました