晩秋カレイ釣り

中級

カレイを釣るなら秋も狙い目!

カレイの釣り方や楽しみ方を紹介していきます。

カレイを釣ってみよう!

カレイ釣りのPoint

  1. 晩秋の時期を逃さない!
  2. 食べておいしい
  3. 初心者の方・ファミリーにも釣りやすい魚

目次

  • 季節/時間
  • 生態と習性を知る
  • 中級【晩秋カレイ釣り】
  • まとめ

季節/時間

春//秋/

早朝/日中/夕方/日没後/夜間

生態と習性を知る

習性を知ると、魚釣りがより楽しくなります!魚の気持ちになって、カレイ釣りを楽しみましょう★

生態

分布:北海道以南~九州

食事:甲殻類・ゴカイ類

晩秋のカレイ

夏、カレイは水温が低い深場へいます。冬の産卵期に向けて水温が下がってくると、深場から浅場へ移動してきます。

冬の産卵期は、カレイの種類、または寒い地域ほど遅く始まります。(北海道周辺では5月くらいにも産卵期を迎えるカレイもいる)

産卵期前後に体力を付ける・回復するためにエサをたくさん食べます。そのため、カレイ釣りは晩秋や春が釣りやすい季節です。

産卵期中のメスのカレイは全くエサに反応しないため、釣果がガクッと落ちます。

マコガレイの場合、浅場に来るのはオスが先に到着する傾向があるそうです。オスが到着した後、メスのカレイが浅場へ来て、産卵期を迎えます。また、メスは大型の個体の方が早く産卵するそうです。

カレイのサイズはオスよりもメスの方が大きい為、大型のカレイを釣るなら産卵期前!が狙い目ですが、なかなか陸の上からタイミングを図るのは難しそうですね…!

中級【晩秋カレイ釣り】

中級のPoint

  1. 晩秋はカレイが浅場へ来るタイミングで釣れる
  2. 置き竿でOK
  3. シンプルな仕掛けでも釣れる

場所

海底が砂・泥底の場所で釣ります。水質は濁りのない水の方が釣りやすいです。

防波堤の潮同士の良い場所、海が荒れている場合は湾内や漁港内も釣ることができます。

時間帯

カレイの活性が上がるのは、朝・夕です。

潮が動く時間帯が釣りやすく、日中は全く釣れず日が暮れてくると釣れ始めることが良くあります。

夜も釣ることは可能です。

道具

・竿

磯用やコンパクトロッドなど

・リール

スピニングリール(2500~3000番)

ナイロンライン

5号前後、PEライン1~2号前後など。

+

天秤仕掛け

  • ジェット天秤
  • 市販のちょい投げカレイ仕掛け
プロマリン(PRO MARINE) ちょこっと投天秤 8号 AGP003-8
ルアー竿などでちょこっと釣るにはこの天秤!

シンプルな中通しオモリの仕掛け

  • 中通しオモリ
  • ゴム管
  • サルカン
  • カレイ針(ハリスが付いている物が楽)

などの仕掛けで釣ることができます。

その他

針周辺にアピール力の強い、ビーズやシール・羽などを付けると視力が良くないカレイにエサの場所を示すことができます。

ささめ針(SASAME) K-553 一投入魂キャノンボールカレイ 12-4
遊動先鉛が、エッグボールの抵抗による重心のぶれを軽減。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

ささめ針 特選達人直伝 飛炎カレイ TKS228 (投げ釣り仕掛け)
価格:415円(税込、送料別) (2022/11/17時点)

 

楽天で購入

 

 

 

エサ

ゴカイやイソメ類などの多毛類がカレイ釣りに適しています。

おすすめは針に複数匹付けることです。1匹のみ付けると、エサが食いちぎられた際に、動きが弱くなる・アピール力が乏しい・他の魚にもエサを食われやすい点から、コストは掛かりますが、複数匹使用して釣ります。

釣り方

1.海へ仕掛けを着水!

カレイは投げ釣りで釣ることが多いです(ちょい投げ・遠投など)

海底にいる為、着底したら糸の緩みをリールで巻き取り、置き竿にします。(柵など、立て掛ける場所があればOKです、スタンドも便利です。)

第一精工ロッドホルダー(竿受け) サーフ三脚レバー式 釣り シルバー
3本がシッカリつながっているから強い。ガタツキのない特許一体成形の蝶番で安定性は従来の2倍!!どんな過酷なフィールドにもその威力を発揮します。

2.竿を複数本出して釣果アップも狙える!

釣り場が空いている場合は、釣り竿を出して釣ることもできます。

仕掛けが絡まらないように、投げる方向など注意します。

3.エサが付いているか確認&投げる場所を変更する

まだ水温が下がり切っていない時期に釣ると、他にもエサを食べてしまう魚が多くいます。

(例:ベラ・カワハギ・ハゼ・キスなど)

竿に反応が無くても、時折エサが付いているか確認してください。

また、カレイは広範囲を泳ぎ回らないため、投げる場所も変更します。

4.竿へ反応あり!

竿の先が震えたときは魚が掛かった合図です。すぐに竿をあげてしまうとエサをまだ食べている最中で針まで到達していない可能性があるので、焦らず少し待ちます。(30秒ほど)

※置いていると竿の反応に気づかないときもありますので、定期的に上げることをおすすめします。

竿を上げリールを巻いたら・・・

5.やった!晩秋カレイのゲット

カレイを釣ることができました!

カレイ釣りは、エイやヒトデなども釣れてしまう為、釣れたら嬉しい魚ですね♪

時間が掛かることから、エサも多めに用意しておいた方が良いです!よーし!もう一回釣ってみよう!

まとめ

カレイを釣るなら、11月~12月はおすすめの時期です♪

水温・産卵期の関係で時期を見極めるのが難しい点もありますが、仕掛けや釣り方は簡単なので、初心者の方も挑戦しやすいのではないかと思います。


以上、「晩秋カレイ釣り」でした!

次回もお楽しみに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました